YouTubeの成長曲線と停滞期を早期脱出する5つのポイントとは?

YouTubeの成長曲線と停滞期を早期脱出する5つのポイントとは?

abstract-1231870_1920

YouTubeの成長曲線は、右肩上がりにならない。停滞期間を如何に脱出するかが重要である。

その為に、知っておきたい5つの要素とは?

成長曲線と、停滞期間を早く抜け出す為の5つの要素


レビュー:★★☆☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeの成長曲線を理解する事。一番挫折し易い停滞期間を早く抜け出す為の5つの要素を解り易く解説しています。

 

《この動画の要約》

・成長曲線の解説

基本的に、何に於いても成長曲線は、右肩上がりにはならない。

カメラ転売にしろ、トレンドアフィリエイトにしろ、サラリーマンの仕事にしろ一緒である。勘違いしないで下さい。

 

・実際にどの様に上がっていくのか?

YouTubeアフィリエイトに関しては、最初なかなか結果がでない。

報酬が5円とか10円という状態が続きます。ここが最初の挫折ポイントです。

我慢して継続していくと、緩やかな曲線を描きながらやがて何十円、何百円になり、

そこをまた、我慢して継続していくと、千円になり、一気に1万円になる。

 

・停滞期間は、人によって変わる。

1日1万円になるまでに40日で達成する人、60日で達成する人、それ以上の期間を要する人もいます。

何によって、違いが出てくるのか。それは、5つの要素があります。

 

<5つの要素>

1.作業量

作業量には、リサーチ、動画のアップ数、動画の質があります。

2.教材の熟知度

最初は、教材の内容を忠実に実践していく事で、確実に伸びていく。

伸びていかないのは、どこかでオリジナルの内容を取り入れているからです。

3.思考の深堀

仮説、検証を繰り返す事。

実践していかないと、伸びる動画が解らない。伸びた動画が出来たら、「何故伸びたのか?」を検証する。

検証して得た情報を元に動画を作成していく。この繰り返しです。

4.今までの経験

<例>トレンディアフリで得たスキルを応用して実践する。プラスアルファの要素を取り入れる事で伸びていく。

ここで注意が必要なのは、教材をベースにしていること。教材からかけ離れたことは、マイナスの要素となります。

5.運

チャンネルを10個作っても、その内当たるのは2個程度と言われているので、運の要素もあります。

 

《一言》

YouTubeの成長曲線は、緩やかに描いている為、最初は辛抱が必要です。成長曲線を理解し実践することによって、

一気に爆発する時がきますので諦めず、日々実践していきましょう。

ここで、大事なことは、日々検証、改善していく事です。

 

 

 

【管理人からお知らせ】

YouTubeアフィリの【極秘】ウェブセミナーを限定で開催します。

このセミナーは私にYouTubeアフィリエイトのノウハウを教えてくれているkenさんが開催するウェブセミナーです。
自身で「2週間という期間で、1日3万円稼いだ」という秘密のノウハウを伝授してくれます。
期間限定でしかも無料で受講できるので、気になる方は下をクリック!
     

【極秘】ウェブセミナーはこちら

SNSでもご購読できます。